短歌サミットブログ

☆短歌サミット2009は158名様のご来場により、大盛況のうちに無事閉幕しました☆
皆様のご来場、ご協力に実行委員一同感謝の気持ちでいっぱいです!!
本当にありがとうございました。
<< リレーエッセイ・特別な一首(イマイ) | main | リレーエッセイ・特別な一首第五回(こゆり) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
リレーエッセイ・特別な一首(はれやわたる)
ご挨拶・「だからパーティーひらくことにしたの」 by辻井竜一

先日、NHKで放送されている、「課外授業ようこそ先輩」という番組を観た。
この日の先生は、郷ひろみさんで、僕はしっかり録画までした。
ちなみに、過去に僕はこの番組を3回しか観たことがない。
はじめて観たのはルー大柴さんの回で、次に観たのは長渕剛さんの回、そしてこの日の郷ひろみさんの回へといたる。
この番組の根強いファンの方もいると思うのだが、「課外授業ようこそ先輩」を観ようか観まいかの最大のチェックポイントは、その回の先生を誰がつとめるかである。
最近僕は、もし僕が「課外授業ようこそ先輩」に出演することになったら、どんな授業をしようかと真剣に考えている。
僕が、過去に3回観た「課外授業ようこそ先輩」は、どの回も3日間かけて授業が行われていた。
下記は、僕が「課外授業ようこそ先輩」に出演することになった場合に想定している授業のプログラムである。

1日目 計算練習

例 5+7+5+7+7=
3+2+4+3+5+1+2+4+2+5=

たとえ小学校1年生だろうが、中学校3年生だろうが、こういう計算練習をひたすらやってみたいと思っている。

2日目 計算練習

例 □+□+□+□+□=31
あ◆棧◆棧◆棧◆棧◆棧◆棧◆棧◆棧◆棧◆31

某学習塾のCMでみかけた勉強方法であるが、なかなかいいスタイルだと思ったので、はれやわたるの「課外授業ようこそ先輩」では、取り入れたいと思っている。
もしかしたらで、最初の4つの□に1をいれて、残りの□に27を入れるという作戦をとる子供がいるかもしれないが、そういう子供は、呼び出して説教しようと思っている。
(で最初の4つの□に0をいれて、残りの□に31を入れた子供も、説教である)
い眛瑛佑法0や1を多用して、つじつまをあわせにかかった場合は、呼び出しをする。

3日目 短歌をつくる

という流れになりそうである。

すっかり忘れそうになっていたが、最後に「特別な一首」を紹介して、今回のエッセイを締めくくりたいと思う。

<テーマ・冬>

雪玉を空に向かって投げた僕のろしみたいと真似をする君

(昨年の冬に放送された、「今夜はテレビでケータイ短歌」の対決コーナーで、僕が決勝に進んでいたら、発表する予定だった短歌です)

次回のエッセイはこゆりさんです。
| はれやわたる | ,リレーエッセイ・特別な一首 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:51 | - | - | -









http://tannkasummit.jugem.jp/trackback/28
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ